柔術道場 トライフォース柔術・池袋アカデミー公式ブログ

東京都豊島区池袋のブラジリアン柔術道場です。 日々の情報をお伝えします!

インストラクター紹介

【井賀さん著書】山をはしる―1200日間山伏の旅【3/28(水)】

503_l

井賀孝(いがたかし)インストラクターの本が発売されます!

カメラマンであり、柔術インストラクターでもある井賀さんは登山家でもあります。

そんな井賀さんが2002年の「ブラジリアンバーリトゥード」に続く2冊目の著書を出します。

井賀さんのことを知っている方はマストバイですよ〜!!

tf-196

内容紹介

時空を超え日本の山々を駈けた山岳冒険ルポルタージュ!!

雑誌『Number』をはじめとする各種メディアで格闘家を撮り続けてきた著者による初の山岳ノンフィクション。足かけ三年の山伏修行を通じて「歩き、走り、凝視し、祈り、感じ、出会った」さまざまな山を清冽な文と写真で描き出す。

◎プロローグ 役行者とおかん
実家のそばにある鳴滝不動が役行者の開いた行場と知った著者。病のため次第に失われていく視界におののきながら、自らの生に終止符を打ったおかん。和歌山の実家で向き合った自分の半生、そして新たに引き寄せられる我が身の運命に思いを馳せ、著者は役行者の辿った山へと心を向ける。

◎大峯奥駈修行8泊9日
2010年、吉野山金峯山寺の護持院東南院から熊野本宮大社までの峰々を8泊9日で踏破した山伏修行の記録。単独ではなく、30人の大所帯で9日間山を歩くところに奥駈の意義があることを知る。大企業で役職に就いている人も町の床屋のおじさんも、ここでは一修験者。数々の個性的な人々との出会い、そして著者による参加者の地元再訪譚も収録。

◎八海山に行者あり
大峯奧駈修行で出会った人から聞いた「越後三山奥駈修行」。トンネルを抜け眼前に広がった雪景色に、東北の山伏への期待が膨らむ。現代登山の常識を超えた「伝説の山伏」と共に過ごした時間、真冬の深夜に滝に打たれる荒行への昂ぶり――幻想的な八海山修験の実相を見る。

◎地の果て、羅臼へ
大峯奥駈修行の後半行程で見知った「佇まいのしっかりした」女性Aさんの住む町を訪ねるため、苫小牧行きの閑散としたフェリーに飛び乗った。知床半島羅臼にようやくたどり着き、Aさんの暮らしぶり、平凡でありながらも高潔な信仰心に触れる。ヒグマの生息域を通り、羅臼岳登山にも挑戦。

◎富士山に登る理由
修学旅行の新幹線から見た富士山の強烈な印象が、富士山の頂へと度重ねて駆り立てる。日本一高く、でっかい山。年間30万人が登る世界に例のない山。アルピニズムと修験道、どちらもそこには山と人がいることを、富士山は教えてくれる。厳冬期の富士登頂をめざし、死との恐怖と闘ったルポ。

◎エピローグ 終わらない山

宮本和幸先生

9


DSC_0081

DSC_0076

氏名:

宮本 和幸

ふりがな:
みやもと かずゆき

生年月日:
1981年4月10日

身長:
167センチ

通常体重:
69キロ

出身地:
広島

インストラクター認定年月日:
2010年

柔術を始めたきっかけ:
総合ジムの1クラスとして柔術を初体験し、あまりに面白かったため柔術道場に入り直した。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
野球

柔術以外の好きなスポーツ:
特になし

柔術以外の趣味:
落語、自転車、山

柔術の好きなところ:
多量の汗をかくので、練習後のビールが旨い。

柔術の嫌いなところ:
キモノの洗濯、持ち運び

柔術をしていて、1番楽しかったこと:
色んな職種や年代の仲間ができたこと。

柔術をしていて、1番ヘコんだこと:
特になし

好きな技、または得意技:
回転系、潜り系


好きな柔術家(もしくは格闘家):
特になし

座右の銘:
虚心坦懐

人生の目標:
生きぬく

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
その選択、大正解です!

083
 

芝本幸司先生

2

aa



 

 

 

 






氏名:
芝本 幸司

ふりがな:
しばもと こうじ


生年月日:
1980年8月23日

身長:
163cm

通常体重:
58kg

出身地:
愛知県

インストラクター認定年月日:
2007年

柔術を始めたきっかけ:
仕事のストレス解消のため

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
小学校:サッカー部 中学校:ソフトテニス部 高校・大学:柔道部

柔術以外の好きなスポーツ:
大相撲

柔術以外の趣味:
温泉巡り

柔術の好きなところ:
身体が小さくても強くなれること、スキルの向上が実感できること

柔術の嫌いな所:
キモノが破れること

柔術をしていて、一番楽しかったこと:
柔術を仕事に出来たこと

柔術をしていて、一番ヘコんだこと:
初めて買ったキモノを電車の網棚の上に置き忘れて下車したこと。

好きな技、または得意技:
チョーク

好きな柔術家(もしくは格闘家):
早川光由先生

座右の銘:
継続は力なり

人生の目標:
ピンピンコロリ

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
それぞれのスタイルで柔術を楽しめます。コンバッチ!!

a

佐藤雅一先生

さとうまさかず

a










氏名:

佐藤雅一

ふりがな:
さとうまさかず

生年月日:
1975年11月6日

身長:
180センチ

通常体重:
76キロ

職業(本業がある方は):
会社役員

出身地:
東京

インストラクター認定年月日:
2008年10月

柔術を始めたきっかけ:
実践的な格闘技がやりたいと思っていた頃に、早川先生のクラスに参加した事。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
水球

柔術以外の好きなスポーツ:
水球、野球

柔術以外の趣味:
映画、音楽鑑賞

柔術の好きなところ:
技術が論理的かつ常に進化しているところ。実践的な護身術であるところ。

柔術の嫌いな所:
柔術の事を考えると眠れなくなるところ。

柔術をしていて、一番楽しかったこと:
練習していた技術を実践で活かせた時。国籍、言語、年齢を超えて沢山の人達と交流できる事。

柔術をしていて、一番ヘコんだこと:
試合で明らかに体格の劣る相手にボロ負けした事。

好きな技、または得意技:
パスガード、チョーク

好きな柔術家(もしくは格闘家):
早川光由

座右の銘:
強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格はない。

人生の目標:
助け合いと思いやりの社会を創ること。

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
柔術はシニア、女性でも無理なく学ぶことができます。楽しく続けましょう!


a

井賀孝先生

いがたかし

aa















氏名:

井賀孝

ふりがな:
いがたかし

生年月日:
1970年7月21日

身長:
170cm

通常体重:
68kg

職業(本業がある方は):
写真家

出身地:
和歌山市

インストラクター認定年月日:
2007年

柔術を始めたきっかけ:
1997年、当時ニューヨークに住んでた時に街であるチラシをもらったのがきっかけ。それを見て道場に行ってみたのが柔術との出会い。大きい外国人達に毎回行く度に40回ぐらいは極められてた(笑)。

その道場はマチャド系でマルコという茶帯ブラジル人の先生が教えていた。その後帰国し、ある道場所属となるが、まだ全く食えない時代で日々の生活に追われ、まるで道場には通えなくなる。それで柔術との縁は一旦切れる。

その後ブラジルに行き、アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ通称ペケーニョと出会い裸の組技(ルタリブレ)を習う。その頃日本にいる時はスポーツ会館でレスリングに励んでいた。当時は裸・グラップリングを意識していた。

その流れで当時高阪剛さんが開いたばかりの総合格闘技ジム、A-SQUARE所属となり、そこには4、5年程お世話になった。この頃は全く“ギ(衣)”は着てなかった(笑)。

次第に本業の写真の方でブラジルによく行くようになり、それはリオ、サンパウロのような都市部だけでなくブラジル北東部や南部、ひいてはアマゾンにまで及んだ。そのような場所では体を動かそうと思ってもルタの道場などあるはずもなく、それに反し柔術の道場はかなりの確率で存在した。ブラジルにおけるルタと柔術の力関係を見たような気がした。よってそのようなブラジル地方滞在中は仕方なく“ギ”を着て練習することとなり、ここにきてようやく柔術との縁が復活する。7、8年ぶり(笑)。

久かたぶりにやってみる“ギを着てやる組技”はかなり新鮮で徐々にはまっていく。そして日本に於いて、私より先にトライフォースに入会していた新しもの好きの友人“闘うIT社長”の紹介にて正式にトライフォースに入会する。この時2005年5月ようやくこの先長く続くであろう私の柔術ライフが始まりました。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
ボクシング、グラップリング

柔術以外の好きなスポーツ:
ランニング

柔術以外の趣味:

柔術の好きなところ:
奥が深く飽きがこない
ボクシングやレスリングなどの裸競技に比べ身体能力に依る部分が少ないので(もちろんゼロではないが)。老若男女、人を選ばない点。良い意味でアマチュアなところ。他に仕事を持っていても十分出来る。

柔術の嫌いな所:
若干コンペティション寄りになり過ぎてるところ。
格闘技が本来持つ凄みを忘れてはならない。
言わずもがな柔術も格闘技・武道の1つである。

柔術をしていて、一番楽しかったこと:
仲間ができたこと。

柔術をしていて、一番ヘコんだこと:
特になし

好きな技、または得意技:
アキレス腱固め、裸締め

好きな柔術家(もしくは格闘家):
好きな誰々というのではないが、グレイシー一族の思想に共感している。

座右の銘:
人事を尽くして天命を待つ

人生の目標:
今日より明日、今年より来年、前進あるのみ

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
柔術は実際にやってみて初めてその魅力がわかる格闘技です。見るものではありません(笑)。正直見るぶんには退屈です。しかし自分の体を使ってやってみると、これほど面白い格闘技もありません。もちろんその魅力が分かるまでにはしばらく時間はかかりますが。
とりあえずやってみましょう。トライフォースは道場も広く綺麗で快適です。クラスも夜だけでなく朝もあり充実しています。トライフォース朝クラス通称「朝柔」は特にお勧めです。朝柔でお待ちしています!

a

新明佑介先生

4

a












氏名:

新明佑介

ふりがな:
しんみょうゆうすけ

生年月日:
昭和53年(1978年)2月22日

身長:
174cm

通常体重:
88kg

出身地:
東京都板橋区

インストラクター認定年月日:
2007年7月1日

柔術を始めたきっかけ:
ずばり!1993年、第一回UFCです!当時、中学生だった僕は獣神サンダー・ライガーに憧れてるプロレスファンでした。ガチンコで最強はパンクラス・・・週プロのターザン山本が言うなら間違いなと思っていた僕に衝撃の記事が目に入りました。それはパンクラス旗揚げ同年の出来事でした。パンクラス最強外国人のプロレスラー ケン・シャムロックが、ノールールの金網格闘技UFCで柔術家ホイス・グレイシーに何もできずに敗れた記事でした。「くそ〜あんな細っこいおじさんにプロレスラーが負けるなんて」・・・その後時は流れて、1996年。大学入学と同時に高田馬場の正道会館で”グラップラー刃牙のモデル“平直行先生が柔術クラスを開講するという記事を見て電撃が走りました。プロレスより強い格闘技『柔術』を「やるっきゃないっ!」と思い、即入会しました。それが僕の柔術人生の始まりです。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
サッカー、フットサル

柔術以外の好きなスポーツ:
キングオブスポーツ「プロレス」

柔術以外の趣味:
格闘技・プロレス観戦
映画・DVD鑑賞
ネットサーフィン
情報収集(サブカルチャー全般)
デザイン全般
雑学研究
介護保険研究
建築物見学
衣類のカスタマイズ

柔術の好きなところ:
「無限にあるんではないか」と思えるほどの多彩な技

柔術の嫌いな所:
「ブラジリアン柔術をやっている」と友人に言ったときに披露できる技がなかなかなくて伝え辛いところ。最近は「何かやって」と言われたら裸締めをかけています(笑)

柔術をしていて、一番楽しかったこと:
2001年1ヶ月間のブラジル遠征で言葉が通じなくても、柔術を通して異国の練習仲間と心が通じ合えたことが最高に楽しかったです。

柔術をしていて、一番ヘコんだこと:
2008年Giリザーブトーナメントで両膝を同時に怪我したとき

好きな技、または得意技:
側転パスガード、横っ跳び(笑)

好きな柔術家(もしくは格闘家):
丹裕選手

座右の銘:
一日一善

人生の目標:
柔術を通して素晴らしい人々との出会いを楽しむ。

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
柔術は敷居の低い格闘技です。やることによってTVで放送されている格闘技をより楽しく観戦することができるはずです。是非、見るよりやってみて下さい。また僕はキッズクラスの指導も担当させてもらっています。子供達に楽しく格闘技に触れてもらうことにより、人の痛みのわかる優しい人間になってほしいと願っています。僕にお子さんを預けてください!真剣に向き合って、強いこころと強いからだを育てます!!

a

伊藤俊亮先生

いとうしゅんすけ

aa















氏名:

伊藤俊亮

ふりがな:
いとうしゅんすけ

生年月日:
1979年11月13日

身長:
181cm

通常体重:
76kg

職業:
営業

出身地:
滋賀県

インストラクター認定年月日:
2008年

柔術を始めたきっかけ:
運動不足でスポーツジムに入ろうと思っていた時に、たまたま友人が通っていた格闘技ジムに見学に行ったのがきっかけです。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
水泳

柔術以外の好きなスポーツ:
野球

柔術以外の趣味:
掃除

柔術の好きなところ:
色々な年代の方と練習や交流が出来るところ。

柔術の嫌いな所:
指の第一関節がゴツゴツしてくるところ(笑)

柔術をしていて、一番楽しかったこと:
道場にいるといつも楽しいです(笑)

柔術をしていて、一番ヘコんだこと:
白帯の時に、先輩相手に何をどうしても遊ばれて全く勝てなかったこと。

好きな技、または得意技:
三角絞め、モンジバカ

好きな柔術家(もしくは格闘家):
早川光由先生、高橋ペケーニョ廣輝さん

座右の銘:
臥薪嘗胆、七転び八起き

人生の目標:
柔術をいつまでも続けること。

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
僕は柔術によって素晴らしい仲間や生きがいを得ることが出来ました。
皆さんにも同じ様な思いをして貰えれば嬉しいです。


a

キム・ジュン先生

kim

459855_228748263903546_184242277_o

413173_228749963903376_291477146_o

氏名:

金 峻

ふりがな:
キム ジュン

生年月日:
1970年 12月14日

身長:
175センチ

通常体重:
70キロ

出身地:
東京

インストラクター認定年月日:
2012年7月

柔術を始めたきっかけ:
ノーギをやってましたが更に寝技の技術を知りたく始めました

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
野球

柔術以外の好きなスポーツ:
週二回 水泳

柔術以外の趣味:
サウナ

柔術の好きなところ:
仲間と一緒に汗を掛ける事

柔術の嫌いなところ:
無し

柔術をしていて、1番楽しかったこと:
始めてからずっと楽しいです

柔術をしていて、1番ヘコんだこと:
怪我をして練習出来ない時

好きな技、または得意技:
三角絞め

好きな柔術家(もしくは格闘家):
トライフォースの先生方 先輩 仲間逹

座右の銘:
無し

人生の目標:
後悔しない為にやりたい事はやる

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
一緒に楽しく強くなりましょう

422309_10151119523760837_320219148_n

澤田伸大先生

sawada

539113_122454281233676_25626281_n

396946_3947607381717_427932539_n

氏名:

澤田伸大

ふりがな:
さわだのぶひろ

生年月日:
1991年6月23日

身長:
163センチ

通常体重:
57キロ

出身地:
千葉県浦安市

インストラクター認定年月日:
2012年7月

柔術を始めたきっかけ:
小さい頃、ノゲイラなどPRIDEで鮮やかなサブミッションを極める柔術家に憧れていました。大学生になる時、何か新しい事を始めようと思いトライフォースの門を叩きました。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
空手・卓球

柔術以外の好きなスポーツ:
レスリング

柔術以外の趣味:
漫画

柔術の好きなところ:
努力した分だけ強くなれること

柔術の嫌いなところ:
柔術のことを考え出すと他のことが手につかなくなること

柔術をしていて、1番楽しかったこと:
様々な年代・職業・国籍の方々と知り合えたこと

柔術をしていて、1番ヘコんだこと:
試合で連敗したこと

好きな技、または得意技:
チョーク全般

好きな柔術家(もしくは格闘家):
早川先生・芝本先生

座右の銘:
三倍努力

人生の目標:
柔術を続ける

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
柔術は必ず生活を豊かなものにしてくれます。一緒に柔術ライフを楽しみましょう!

472239_236690093109363_235601575_o

糸魚川俊輔先生

いといがわしゅんすけ

aa















氏名:
糸魚川俊輔

ふりがな:
いといがわしゅんしけ

生年月日:
昭和43年9月17日

身長:
170センチ

通常体重:
68キロ

出身地:
東京

インストラクター認定年月日:
2007年

柔術を始めたきっかけ:
寝技の技術の向上。

柔術以外の格闘技・スポーツ経歴:
空手、サンボ

柔術以外の好きなスポーツ:
柔道

柔術以外の趣味:
自転車、登山

柔術の好きなところ:
技の掛け合いがパズルの様に頭を使うところ

柔術の嫌いな所:
無し

柔術をしていて、一番楽しかったこと:
やはり試合に勝った時

柔術をしていて、一番ヘコんだこと:
試合に負けた時

好きな技、または得意技:
パスガード各種

好きな柔術家(もしくは格闘家):
ランディ・クートァ

座右の銘:
今日出来ない事は明日も出来ない。

人生の目標:
死ぬまで柔術をやる。

トライフォースで柔術を始める会員さんへのメッセージ:
諦めずに生涯やりつづけてください。

a

  • ライブドアブログ