こんにちは、早川です。

芝本のヨーロッパ選手権2013の結果は、決勝戦で一本負けでした。残念でした。みなさん応援ありがとうございました。表彰台常連組のフェリペコスタやバラタフレイタスとは、僅差で勝ったり負けたりするレベルにまではなっていたので、カイオとブルーノ以外に一本負けするような相手がまだいたのかと衝撃を受けました。やはり世界までの道のりはまだ厳しいなと感じざるを得ない結果となりました。

IBJJFのトーナメント方式では、序盤戦で世界王者クラスと当たって敗北しているだけで、実力的には表彰台にいつでも乗れるレベルの選手はたくさんいるんだという事を、私自身の経験からも思い出しました。今後、ランキングによるブロック分けが徹底されていけば、そういった事も減っていくとは思いますが、しばらくは続くでしょう。まだ倒さなければならない強豪がたくさんいることは間違いありません。

今後も芝本には、変わらず黙々と練習を続けてもらいます。才能もはっきり言って人並です。もっと才能のある弟子は他に何人もいました。芝本は単なる寡黙な努力家です。結果を出すまでは、セミナーをやることも、DVDを作ることもないでしょう。自己顕示欲がない男なので、メディアへの露出にも興味がありません。世界の最前線で戦っているのは自分しかいないと、彼自身がよく分かっているので。

芝本は、猪木と馬場でいったら馬場タイプの男です。私は常に、新日より全日、猪木より馬場、天龍より鶴田、長州より藤波、武藤より三沢を応援してしまうタイプでした。なんだか分かりませんが地味な方が好きです。私はこれからも芝本を全局面でサポートし、最後の高みに到達してもらえるよう師弟で全力を尽くします。